モビット金利

モビットの審査に通るには

カードローンの中では比較的審査の緩やかなモビットですが、それでも必ず満たしておかなければならない条件はあります。
それは必ず一定の収入があることです。
以前は職業に就いていないとキャッシングの審査には通らないことが多かったのですが、最近は定職の有無に拘らず、一定の収入がある人はカードローンを利用できることになっています。
この収入は会社員として給与をもらうことはもちろん、アルバイトによる収入でも構いません。
もちろん正社員などと比べて金利や限度額は不利になりますが、門前払いで利用できなかった頃のことを考えれば非常にありがたい話です。
限度額も低めであれば借り入れもそれほど多くはならないですから、きちんと返済を行い、実績をつくっていきましょう。
あと、モビットに限った話ではないですが、カードローンの利用には年齢制限があります。
未成年や66歳以上の方は原則利用することができません。
特に高齢者の方で利用したいと考えている方は別の調達法を考える必要があるでしょう。

総量規制の存在に気をつける

また、モビットで借り入れを行う際に注意したいのは総量規制の存在です。
利用者が多重債務に陥り、生活基盤を破壊してしまわないように、現在は総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れを行えないようになっています。
「足りない分はモビット以外のカードローンから借りればいいんじゃないの」と考える方がおられるかもしれませんが、モビットも他の会社も審査の時点で信用情報を参照してあなたの借入額の全てを把握しています。
よって、全てのカードローンを合わせても全体で年収の3分の1を超える借り入れはできなくなっています。
もし、申し込みの際に年収の3分の1を超える額を記入しても、審査の結果認められる限度額は年収の3分の1に自動的に引き下げられます。
これを把握していないと、借りるつもりでアテが外れた、といったことにもなりかねませんので注意してください。
その他にも、過去5年以内に自己破産などをした人は、ほぼ確実に審査で弾かれます。
これは信用履歴の事故情報が時間の経過で抹消されるのを待つしかないです。