モビット金利

上限金利について

モビットであっても他の消費者金融のキャッシングであっても、もっとも気になることといえば、金利です。
どのくらいのパーセンテージなのかによって、結果的に支払う利息の金額が変わってくるので、非常に重要となってきます。
ちなみにモビットの金利というのはどのくらいなのかというと、4.8パーセントから18パーセントといったところです。
数字だけを見ると、なかなか高スペックのように見えますが、必ずしもそうとは言えません。
まずはモビットの上限金利を見ていきます。
初めての人がカードローンやキャッシングを申込む際には、ほぼこの数字が適用されると思っていいでしょう。
上限が18パーセントというのは、他の消費者金融と比べて特に有利というわけではありません。
アコムやアイフルなどでも、同じように上限は18パーセントとなっております。
むしろ、プロミスなどは17.8パーセント、0.2パーセント低い数字になっておりますので、見劣りがするかもしれません。

下限金利について

次に、モビットの下限金利を見てみましょう。
上限はどこの消費者金融でも横並びというケースが多いのですが、下限金利となりますと少し様子が変わってきます。
モビットの下限金利である4.8パーセント、他の消費者金融と比較してどうでしょうか。
アコムは4.7パーセント、プロミスは4.5パーセント、アイフルでも4.5パーセントという数字がありますので、むしろ下限が高いという数字が出てきております。
ただし、この下限の利率はあまり気にする必要はありません。
というのも、下限が適用されるのはごく限られた人だけです。
しかも、消費者金融には総量規制というのがあり、年収の3分の1以上を借りることはできません。
モビットで最高に借りられる金額は500万円。
つまり、年収が1500万円以上ないと、この500万円は借りることができません。
おまけに、この限度額で下限の利率が設定されますので、年収が1500万円ないと、4.8パーセントという利率でお金を借りることは出来ないというわけです。