モビット金利

年齢制限があるキャッシング

昔は、銀行のカードローンやキャッシングといえば、申込基準が厳しいものでした。
正社員でないといけないですとか、そのような基準がありました。
しかし最近のカードローンやキャッシングを見てみると、申込基準が緩和されているような印象があります。
特に、キャッシングの申込基準に関しては、カードローンの申込基準よりもかなり緩い印象です。
しかし、だからといって全ての人がキャッシングの申込基準に達しているというわけではありません。
基準に満たない人はできないのです。
では、どのような基準があるのでしょうか。
いくつかありますが、その中の代表的なものとして、年齢制限があります。
カードローンなどを見ていると、年齢制限が設けられているところがほとんどです。
そしてその年齢制限には、上限と下限の年齢制限があるということです。
つまり、若すぎてもダメで、お年を召しすぎていてもだめということ。
では、具体的にその年齢というのは何歳なのでしょうか。

年齢の上限と下限とは

まずは下限ですが、下限年齢は各社ほぼ共通しております。
その年齢は18歳です。
18歳未満であると、いくら収入があろうと申し込みをすることは出来ません。
逆に、19歳以上であっても高校生と言う場合、これも残念ながら不可能です。
18歳以上の場合、大学生か社会人になっていないといけないのです。
未成年、つまり20歳以下の場合には、保護者の同意が必要となることも忘れてはいけません。
そして上限年齢ですが、これは会社によってまちまちとなっております。
65歳としているところもあれば、69歳としているところもあり、さらに70歳としているところもあります。
ただし、各社とも共通をしているところは、年金受給も収入としてみなされるということです。
キャッシングの申込に関して、収入があるというのは大きなポイントです。
収入がなければ、いくら年齢を満たしていても残念ながら不可能です。
その上限年齢に達すると利用ができない場合、直近の更新まで猶予がある場合があります。